東京の夜景を眺めながら東京湾を周遊する結婚式二次会などはいかがですか?

> サイトマップ

屋形船を知ろう

屋形船の歴史

みなさんは屋形船に対して、どのようなイメージをお持ちでしょうか?恐らく多くの方がイメージするように、 屋形船は日本に古くから存在する「遊び場」だったのです。その歴史は、万葉集で詠われていることから 「平安の時代」以前にさかのぼります。特に江戸時代は屋形船が隆盛を極め、江戸文化の代表的な存在でもありました。 また、平安時代の頃は一部の貴族の楽しみであった屋形船ですが、江戸時代になると、町民、武士を問わず 楽しめる遊戯となりました。特に江戸文化では、隅田川を中心に水上交通が発達して江戸の町は栄え、 その象徴が屋形船といっても過言ではないでしょう。

その後も庶民の間では、「風流な遊び」、「川に浮かぶお座敷」として明治、 大正、昭和と親しまれてきました。 しかし、敗戦により庶民の生活は追い込まれ、人々は屋形船を楽しむ余裕を失ったのです。 こうして屋形船は姿を消していきました。水質汚染により、情緒が失われたのも大きな理由です。

そして、近年また「屋形船」は復活して脚光を浴びています。現在では、エンターテイメントとしての 「屋形船」にスポットが当てられ、宴会や結婚式の二次会に利用されたり、 外国の方が日本の情緒を楽しむためのメニューが用意されたりしています。

屋形船の歴史

屋形船の楽しみ方は人それぞれです。水面の風情を感じながら宴を楽しんだり、ゆったりと身を任せながら癒され、 平安時代から脈々と続く、情緒を感じる取れるでしょう。これが屋形船の最大の魅力だといえるのではないでしょうか。